お腹を気にして面接が出来ない!?

面接は大切な事だけど、太っていると面接はマイナスになるって本当かな。

私はそのように海外で聞きました。それは海外の話だろうって思っていたんだけどどうやら日本もあるなって思った。

 

太っていると何をやるにしても遅いというイメージが付くみたいです。

これは海外でも日本でも同じ事。太っているとだらしがないとか・・。

海外とくにアメリカでは自己管理が出来ないと判断されて仕事も自己管理が出来ないとなります。これは違うだろうって思うけど、実際それがアメリカでは成り立っているんですよね^^。

 

日本ではそのような事を言う人はまだいませんが、潜在的にはそのようなイメージを持って考えているのでは?と思います。口に出すと社会問題になりそうなので言いませんが、実際に面接をする時は太っているとマイナスだと思いますよ^^。

 

 

そう思うでしょ^^私はビール腹ですが、ビール腹を改善出来ました^^。

ビール腹改善は⇒「ビール腹改善サイト」で習ってください^^

 

ビール腹は一見目立たないけど、夏場は面接官に見破られます。

だからと言って冬まで就職活動を待つわけいかないのでやりましたよ^^

最終的には合格できたのですが、落ちた会社はたぶん私のお腹が原因かなって思いましたよ~^^

5月7日今日も俺はがんばった

今日も俺はがんばった^^

家族サービスもしたし、毎日を楽しく生きた。俺は本当にすごい。俺は良い人間だわ。

遊びも出来るし、勉強も出来る。有名大学卒だけど田舎に在住ってかっこよくない?さらに副業も成功していて、本業も楽しい。

お金は副業で儲けて、本業は毎日の楽しいを作る原動力に^^

俺って本当に人生がすごい^^生き方がうまいよ^^

俺は毎日楽しく生きているよ!

俺は毎日楽しく生きている。

計画通りの人生を送っているよ。

中学は目立つ俺を演じて目立った。

高校はまじめに勉強して有名な大学へ進学した。

仕事は毎日会社に通う形が好きではなかった。

だからいろいろな仕事を経験した。どれが自分に合うか試すため。

公務員の試験も勉強して何回も受けた。落ちた。これで1次試験の実力がないのも把握できた。だから後悔はない。

そして仕事もいろんな業種にチャレンジしてみた。事務系や車移動系、営業、工場などきりがない。そして生き方が分かってきた。メインの仕事はまあ適度にやるのがよい。

収入の多くはサブ的な仕事で得れば良い。それは株でもFXでもアフィリエイトでもなんでも良い。太陽光発電や不動産収入でもよい(資金があれば)

つまり収入の多くはサブで取得してメインは疲れない程度の仕事で楽しさを感じる仕事を得れば良い。それで良い。たまたまサブがすごすぎて形ある専門家的になればそれをメインとしても良い。

そうじゃなくてもメインは平凡な仕事でサブで大きく稼ぐ形態を続けても良い。

とりあえず毎日を出来るだけ楽しむ事。毎日人生を謳歌する事。

俺はそれが今出来ているよ!

 

今日は北茨城市まできてるし・・・・

今日は仕事で茨城県の北茨城市まで着ているし・・・。

栃木県の県北からだいたい約3時間くらいかかる。もちろんコンビニなどに2,3回の休憩をいれてね。

仕事とは言えかなり疲れるわ・・・。

こんなに疲れるのになぜ俺は北茨城市にこなければいけないのかな。

でもこれだと仕事の効率が悪いのは当然管理者も見えているので、すぐにまた戻るだろう。

だけど毎日北茨城などの海沿いはキツイ。片道だけで3時間と言う・・・。

これを拒否しなかった俺もすごいが、まあ、甘える事が出来るからね。

遠いから●●

時間がかかるからこれだけしか●●

などの言い訳が通用する!

これが拒否しなかった理由か・・・。

 

 

 

がんばって楽しく仕事したよ

がんばって楽しく仕事したよ。

もうどうにでもなれって感じだよ。

 

今はまあまあ楽しく仕事している。これも俺の力なのか?

こんな毎日で良いのかな。今日も仕事だけどほどほどにやる。

そういえばそろそろゴールデンウイークだが、何やろう。

家族と戯れるか。嫁が休みの日はゆっくりパソコンでもやろうかな。

俺って人見知りなのかな。仕事は協調性が必要だから俺は今のような一人でやる仕事が基本向いているんだよね。